初心者が知っておくべきWHOIS情報の非公開設定とは?

こんにちは。

ドメインを取得するときに「WHOIS情報」という文字をよく目にする事はないでしょうか?

独自ドメインを取得する人にとってはとても大切な事で

とくに個人が独自ドメインを取得するにあたって気をつけなければいけないのが、インターネット上での

個人情報の公開」です。

 

WHOIS情報とはなにか?

WHOIS情報とは、

ドメイン取得者情報」のことです。

自分のブログやサイトを持つためにドメインを取得すると、

それがWHOIS情報としてインターネット上に公開されます。

このWHOIS情報には個人の氏名や住所はもちろん、メールアドレスなども含まれてしまいます。

仮に「会社を経営してその窓口として公開するため」などであれば、

「ユーザーも連絡を取りやすくなる」など大いにメリットなどはありますが、

個人がブログやサイトを運営する際にこのドメイン情報によってインターネット上で第三者に容易に個人情報が公開されてしまうのは、

プライベートの保護などの意味も含めできるだけ避けるべきではないでしょうか。

 

WHOIS情報公開代行

ドメイン登録会社の情報を代わりに登録するというサービスで、

ドメインに登録する個人所有者の情報はWHOIS情報としてインターネット上で検索すれば、誰でも簡単に手に入ってしまいます。

しかし、そのドメイン登録会社の情報を代行業者が代わりに登録することにより、

本来のドメイン登録者の個人情報を非公開にしてくれる、というサービス

それが「WHOIS情報公開代行サービス」です。

ドメイン登録会社のその多くが、無料でこのWHOIS情報公開代行サービスを提供してくれていますが

 

全てのドメイン登録会社が公開代行を無料で提供しているわけではない

上記でも述べた通り、多くのドメイン登録会社はこのWHOIS情報公開代行を無料で提供してくれているのですが、

中には有料設定にしているところや条件付きで無料にしているところもあります。

大手の「お名前.com」などは条件として、

「ドメインの新規申し込みと同時に申請した場合のみ無料」

という様なちょっと特殊な条件となっています。

もし、ドメイン申し込み時に申請を忘れてしまうと

「1ドメインにつき1年間で980円の追加での支払い」

が必要になってくるということです。

 

おわりに。

 

このようにWHOIS情報公開代行サービスを提供しているドメイン取得会社の中でも「有料」と「無料」では、

ドメイン取得にかかる金額に差が出てくるのです。

「有料」の場合、ドメインの取得費用や年間の更新費用と同じくらいの金額がかかってしまう場合もあるので、

「ドメインを取得する時はWHOIS情報公開代行を無料で提供しているドメイン取得会社を選ぶ」

ということが重要になってくるかと思います。

 

まとめ

インターネット上でブログやサイトを使い情報を発信するということは、

「誰でも簡単に閲覧し個人情報を得ることが可能になってしまう」

という危険も含んでいるということです。

だからこそ、独自ドメインを取得する際には必ず

「WHOIS情報公開代行サービス」を提供している会社を選びましょう。

以上、

初心者が知っておくべきWHOIS情報の非公開設定についてでした。

 

 

コメント