2019 RWC 日本代表メンバーにあの五郎丸 歩選手の姿がない!?

 


 

今年9月、いよいよアジア初開催となるラグビー ワールドカップ 日本大会が開幕します。

皆さんは2015年のラグビーワールドカップを覚えているでしょうか?

当時、世界ランキング3位の南アフリカに奇跡の大逆転勝利を収め、日本に一大ラグビーブームを巻き起こしたあの大会です。

そこから日本は一気にラグビーブームとなりましたが、そのブームの立役者とも言われるあの選手の姿が今大会の代表メンバーの中にないのです!

 

五郎丸 歩選手が【2019】RWC 日本代表メンバーに入っていない理由

 

2015年 RWCで大活躍し、そのあと多数のCMにも出演して一躍人気者となった五郎丸 歩選手。

当然、2019年 RWCの代表選手にも選ばれさらに大活躍する姿を想像していた方も多かったでしょう。

私もその一人でしたが、前大会であれほど活躍した選手が一体なぜ日本代表メンバー入りしていないのか…

その理由を徹底調査してみました。

 

2019年 RWC 日本代表のヘッドコーチを務めるジェイミー・ジョセフ氏の考え

 

今大会、日本代表メンバーのヘッドコーチを務めるのがジェイミー・ジョセフ氏です。

しかし、彼の理想とするプレースタイルと五郎丸歩選手のプレースタイルがうまく噛み合わないと言うのが、

2019年 ラグビー ワールドカップの代表選出において、五郎丸選手が日本代表のメンバーから外された大きな要因の1つとなっています。

 

ラグビーにおけるヘッドコーチの役割とは?

不思議に思った方も多いかとおもわれますが、日本のプロ野球やプロサッカーリーグなどにおいて、

「ヘッドコーチといえば監督直属の部下で右腕的存在」というような捉え方をしている方が多いのではないかと思いますが、これらの制度とは異なり

ラグビーの現日本代表においては監督というものは存在せず

・GM (ゼネラルマネージャー)

・HC (ヘッドコーチ)

GM…チーム編成やトータルの強化スケジュールの把握と管理が中心

HC…現場でのチーム強化や実戦での直接的な指揮を担当、現場の総監督といったイメージ

という体制で組織されています。

時代の進歩なのか、その役割や呼び方も時代において常に変化していくと言うことでしょうか…

 

ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチの理想とするプレースタイルは

「FB (フルバック)にも、CTB (センター)やWTB (ウイング)などの他のポジションをこなしつつ、かつ走れる選手を積極的に取り入れたい」

という考えがあるようです。

 

五郎丸選手のプレースタイルは

「走りには不安要素があるものの、プレーの力強さとキックの正確さを追求した実直なFB (フルバック)」

というポジションの役割に特化したプレースタイル。

 

なので、決して二人の仲が険悪とか、お互いに嫌いあっているとかの理由ではなく純粋に

「指導者の選手に求めるプレースタイルが、指導者の理想・構想と合わなかった…」

というのが理由のようです。

 

五郎丸選手自身の精神状態も代表入りしていない事に影響している

 

2015年のRWC代表選手に選ばれプレーしていた五郎丸選手、

当時の練習などについてこのように語っています。

「当時、練習がきつすぎて死んでいましたから(笑)」

自身のオフィシャルブログでもかたっている様に、当時の代表選手のトレーニングの過酷さは今までのトレーニングと比べても類を見ないほど厳しいもので、

今大会の代表選手のトレーニングもきっと過酷を極める事は簡単に予想できたのでしょう、

年齢を重ねたこともあり「自分自身のメンタルがついていけるかどうか分からない」という思いがあったようです。

これは私個人の見解ですが、ラグビーを愛しているからこそ自身の中途半端な気持ちのまま代表入りすることはできない…という想いもあったのではないでしょうか。

 

五郎丸選手の後継者として見られている若手選手の台頭

現在、五郎丸選手の後継者としてFB (フルバック)候補に野口 竜司選手や松島 幸太郎選手といった若手選手の活躍が目立ってきています。

まさに、日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏の掲げるFB (フルバック)に求める役割において「他のポジションもこなしつつ、かつ走れる選手」として注目されているのです。

 

【2019】五郎丸 歩選手の現在は?

最近はあまりメディア出演も目立たずテレビでその姿を見ることも少なくなってはきましたが、

現在も怪我などなくヤマハ発動機ジュビロとプロ契約を交わし変わりなく活躍されています。

残念ながら当時人気を博し「五郎丸ポーズ」は封印されているようですが、

顔はイケメン、正確なキックに力強くもスマートなプレーは健在のようで変わらずの人気ぶりのようです。

しかし、ファンとしては日本で開かれるラグビーのワールドカップに五郎丸選手の姿がないのは非常に残念でなりません、

ラグビーに対する熱い想いを持つ五郎丸選手のことですから、なんらかの形で2019 RWC 日本大会をサポートして盛り上げてくれるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

現在、五郎丸選手は子供たちのラグビー体験に参加したりといろんなイベントに積極的に取り組んで活動しているようです。

彼自身まだ32歳と若く所属するヤマハ発動機ジュビロでは変わらずの人気と活躍ぶりでトップリーグの試合のチケットはなかなか手に入らないほど盛り上がっているみたいなので、

運良くチケットが手に入った方は是非とも応援に駆けつけてほしいものです。

今年開催される2019 RWC 日本大会ではその勇姿を見ることは叶いませんが、

これからの活躍にもさらに期待していきたいと思います!

 

 

コメント